Hard Rock

我々のブランド「HARD ROCK」について

我々のブランド「HARD ROCK」について

ハードロックブランドは、美味しいアメリカンフードへの渇望、楽しみたいという強い欲求、素敵な偶然や予想外のものを発見できると信じる気持ち、そしてロックンロールへの情熱から始まりました。

そして現在、ハードロックは世界でもっとも認知度が高いブランドの一つにまで成長し、レストランで提供する食事だけでなく、所有する様々なアーティストの記念品(メモラビリア)、世界中にコレクターを持つピンバッジやTシャツなどのファッション関連商品、また比類なき体験と興奮を与えてくれるライブ公演などでも知られています。

統合型リゾート (IR) 業界においては、米国でもっとも成功を収めている統合型リゾートの一つであり、ラスベガスのカジノリゾート群を上回って全米1位の収益性を誇る、ハードロック・タンパを運営しています。

しかしここまで大きくなった今も、音楽を愛する気持ちを持ち、我々の考えに賛同してくださる多くのお客様をはじめ、世界的に有名なアーティストやセレブリティの方々に至るまで、ブランド名をつけた頃と変わらず幅広い層に支えていただいています。

我々のブランドは、これからも多くの方々に愛されるために、以下の8つの要素を大切にしております。

  • 音楽

    音楽がなければ、我々は単に美味しい食事を提供する場所に過ぎなくなってしまいます。それは別に悪いことではありませんが、音楽は我々の血筋であり、DNAであり、魂であるということは間違いようのない事実です。

  • 食事

    美味しい料理を提供したいという情熱が全ての始まりで、その心は今も全世界の従業員に受け継がれています。我々は常に最高の食材を使用し、料理を一から手作りしています。ステーキには最高品質の牛肉を用い、農産物のエキスパートが探し求めた最高の野菜をサラダに使い、世界各地の地元特産料理を取り入れるべくメニューを増やしてきました。

  • オリジナルグッズ

    コレクターが生まれるほどに種類が増えた、ハードロックロゴ入りTシャツやピンバッジなどのグッズは、最初は常連客に無料で配っていたものでした。その後販売を始め、今では世界中のロック愛好家の愛用アイテムとなり、我々とお客様をつなぐ絆の証となっています。

  • メモラビリア(記念品)

    常連客だったエリック・クラプトンがお気に入りの席の真上に自らのギターを飾り、自分の特等席であることを示す目的から始まったメモラビリア。その後、マイケル・ジャクソンが「今夜はビート・イット」のミュージックビデオで着用した赤いジャケットやマドンナのドレス、ジョン・レノンの眼鏡、エルヴィスのジャンプスーツ、フランク・シナトラのタキシードなども飾られるようになり、その数は現在8万点以上にも及びます。かつてアンディ・ウォーホルは我々を「ロックンロールのスミソニアン博物館」と呼びましたが、この表現に偽りはありません。これらのメモラビリアを通して世界中に音楽の魅力を伝える使命を担っていることに、我々は喜びを感じています。

  • 建物/施設

    我々は、200以上もの施設を世界70カ国以上で展開しています。建物はいずれも、それぞれの街の魅力と調和しながらも、世界中のハードロックファンがすぐに認識できるような造りになっています。また、我々の施設そのものが街のランドマークになれるよう、そしてハードロックブランドの価値を体現するモニュメントになれるように創造しています。

  • 新しいものへの挑戦

    我々は今でもヴィンテージの価値を高く評価していますが、同時に絶えず新しいものも取り入れています。これは、ホテルやレストランの設備においてもそうですし、ヒップホップやEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)など新しい音楽ジャンルのイベント開催などの取り組みにも表れています。我々は、新旧の良さそれぞれをかけ合わせ、常に誰もが見たことがない新しい未来を創造し続けるブランドです。

  • セミノール族とともに

    ハードロック・インターナショナルは、フロリダ州セミノール族の完全子会社であるセミノール・ハードロック・エンターテインメント社が所有しています。
    セミノール族は米連邦政府に「征服されなかった」部族として知られ尊敬を集めているとともに、ビジネス面においても成功している米国の先住民族の一つです。同部族の7つのカジノは、EBITDAを指標とすると、世界で最も金銭的な利益を生んでいるカジノに数えられます。
    1979年に、ネイティブアメリカン部族としては初めてビンゴホールをオープンさせたセミノール族。2004年にはフロリダ州にセミノール・ハードロック・ホテル&カジノを開業させ、2007年3月にはハードロックを買収しました。1億ドルという買収額は、米国のネイティブアメリカン部族によるものとしては最大級であり、部族はハードロックブランドを通じてビジネスの競争力と国際的に展開する力を一層向上させました。
    これをきっかけにセミノール族は国際的な拡大を加速させ、運営するカジノを原動力として、世界各地にビーチリゾートやシティホテル、ホテル&カジノ、食事や飲み物が宿泊代金に含まれているオールインクルーシブリゾート、さらには統合型リゾートといった施設の開発を行っています。

  • 雇用について

    ハードロックの公平な雇用方針は、人種・宗教・性別・身体障害・性的指向に関係なく、すべての求職者や従業員にあてはまります。
    経営陣は、ハードロックの公平な雇用方針を遵守、実施するとともに、研修を通して新入社員を教育し、社内のコミュニケーションにおいて維持されるよう取り組む責任があります。
    その結果、ハードロックは、フォーブス誌によって米国のベスト・ラージ・エンプロイヤー(最優秀巨大雇用主)の一つに選ばれました。また、ブリストル・アソシエイツ社が実施した米国のIR業界従業員の年度調査では、圧倒的な数の調査対象者から「働きたい会社ナンバー1」に選ばれています。